Skip to content

用の美

先日納品した家具に食器を納めた写真をお客様に送っていただきました。

当たり前のことなのですが、
つくり手が関わることができるのはほとんどの場合納品までで、
そこからは家具はお客様の生活の一部になります。
使われている姿というのは想像するものの、
使われ方次第で家具の印象も変わってきます。

こんなふうに素敵に使ってもらえると、
自分がした仕事以上にいいものになったなと思えるし、
素直にとても嬉しいです。

特注家具は一点物で、
手間をかけて作った分思い入れがあったりして
旅立っていくのは嬉しい反面
少し寂しい気持ちもあるのですが、
やはりこうやって使ってもらえるのが一番です。
ぜひ末永くかわいがっていただければと思います。
ありがとうございました!

Comments are closed.